Now Loading...
 
  • トピックス

    年賀状とマイナンバーで大忙し 年末年始の日本郵便

    2016年1月15日

     
     
     

    nengajo_0118.jpg 年末年始で一番大忙しだったのは、マイナンバーの通知や年賀状配達を請け負う日本郵便といってもいいだろう。人手はいくらあっても足りなかったはずだが、マイナンバーの配達を新人に担当させるわけにはいかない。しかし、ベテランにもかかわらず「誤配」が起こったため大問題となってしまった。また、年賀状も1000通以上が配達されないなどの問題も起こっている。大忙しだった日本郵便の年末年始を振り返ってみたい。



     日本郵便は1日、年賀状元旦配達出発式を実施し、日本橋郵便局では総務省の高市早苗大臣が出席するなか、日本橋渡り初めが披露され、年賀状の配達がスタートした。元旦に届けられる年賀郵便物数(速報値)は17億4200万通(前年比96.2%)で、一人当たり約14通となる。微減しているとはいえ、これほどの数であれば少なからず誤配も出てくるだろう。住所間違いの年賀状が届いた場合、「面倒くさいし、そのままにしておくか」と考える人もいるかもしれないが、これは郵便法違反となる。郵便法42条では「郵便物の誤配達を受けた者は、その郵便物にその旨を表示して郵便差出箱に差し入れ、またはその旨を会社に通知しなければならない」とある。日本郵便でも「郵便物の表面に誤配達である旨を記載した付せんなどを張り、郵便ポストに投函していただくか、最寄りの郵便局、またはお客様相談センターにご連絡ください」としている。(詳しい内容は、物流ウィークリー1月18日号に掲載しております)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら