Now Loading...
 
  • トピックス

    佐川、日立が資本提携 2、3年後の経営統合を視野に

    2016年4月3日

     
     
     

     佐川急便(荒木秀夫社長)をグループの中核企業に持つSGホールディングス(町田公志社長、京都市南区)と日立物流(中谷康夫社長、東京都江東区)は3月30日、記者会見を開き、資本業務提携を締結したと発表した。デリバリー機能に強みを持つ佐川と、3PL機能に強みを持つ日立がタッグを組むことで、より効果的なシナジーが期待できるとしている。今後、両社は2、3年後の経営統合も視野に事業展開を図っていく。



     会見にはSGホールディングスの町田社長、佐川急便の荒木社長、日立物流の中谷社長、日立物流の親会社・日立製作所の齊藤裕副社長の4氏が出席。今回の資本提携では、SGホールディングスが日立物流の株式29%(約3230万株、875億円)を日立製作所から取得する一方、日立物流が佐川急便の株式20%(約1060万株、663億円)をSGホールディングスから取得する。資本提携の背景には、伸び悩む国内貨物需要や人手不足による人件費をはじめとするコスト増など、今後も続く厳しい経営環境に対する危機感があった。
     なぜ提携が両社だったのかとの問いに、(詳しい内容は、物流ウィークリー4月4日号に掲載しております)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別記事一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら