Now Loading...
 
  • トピックス

    メンター制度導入で 「辞めない」人間関係構築を

    2017年6月12日

     
     
     

     物流業界では人手不足の解消が重要課題となっている。「人手不足の解消には、人材の発掘よりも、会社や業界から離れていく人材を減らすことが重要。人がいなくなる上に、離職した人材からマイナスのイメージが広がっていく」と話す事業者もいるように、人材確保には定着率向上は欠かせない課題だ。こうした取り組みを考えるうえで、助成金の活用を検討することも一つの選択肢となるだろう。



     定着率向上に関する取り組みに対し、厚労省は職場定着支援助成金を出している。その中に雇用管理制度コースがある。同助成金は、対象制度の導入に対し10万円、制度を実行して12か月が経過した後、実行前の12か月と比べて離職率の低下が確認された場合は、更に57万円(生産性要件を満たした場合は72万円)の助成が受けられる。この助成の対象となる制度の一つにメンター制度がある。助成金の支給要件を満たすには、直接の上下関係にない一定人数の従業員を、それぞれメンター(個人の成長を支援する者)とメンティ(メンターの支援を受ける者)とし、新たにメンター制度について会社就業規則に明記し、新旧の就業規則を提出しなければならない。なお、実行計画は事前に提出する必要があり、実行後には、メンター及びメンティの賃金台帳や出勤簿、メンタリングの時間の記録などの書類を提出しなければならない。

    (詳しい内容は、物流ウィークリー6月12日号に掲載しております)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「トピックス」の 月別一覧

     
  • トピックス」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら