Now Loading...
 
  • ブログ・船井総合研究所

    第33回:物流サービスの設計図

    2007年12月21日

     
     
     

     企業が飛躍・成長する上で、うまく軌道に乗せるためには、その成長に合った『設計図』が求められます。
     具体的には「物流サービス(商品9の設計図」「本社・営業所の設計図」「販促の設計図」「営業の設計図」「組織の設計図」というものがそれに当たります。
     今回は「物流サービス(商品)の設計図」に焦点をあて、どのようなものを商品化(設計)すればよいのかについてお伝えできればと思います。


     結論から申し上げますと、【物流部の代行業務を商品化することが大切】というわけですが、その代行業務としては次の5点
    (1)コスト管理・情報管理による物流システム力
    (2)計画的生産(調達・仕入れ)のための物流計画力
    (3)マーケティングのサポートとしての物流サービス力
    (4)企業の社会的責任にあった物流適合力
    (5)コスト削減を適正に実施できる物流合理化力
    に集約されます。
     図1は荷主企業の経営戦略と物流に求める内容の相関図になり、ターゲットとなる荷主企業の経営戦略と自社の実施可否との兼ね合いによる商品づくり(設計図)が求められるのです。
    060522-funai.jpg

     
     
     
     
  •  
  • 筆者紹介

    船井総合研究所

    本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

    ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
    エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

     
  • 「ブログ・船井総合研究所」の 月別一覧

     
  • ブログ・船井総合研究所」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •