Now Loading...
 
  • ブログ・船井総合研究所

    第67回:汚泥削減ビジネスモデル構築についての進行状況

    2010年8月3日

     
     
     

     前回の記事では、産業廃棄物の中でも、排出量の多い「汚泥」の処理に膨大な処理コストを掛けている為、処理コストを減らす取組みとして注目されている「汚泥削減ビジネス」概要をお伝えさせて頂きました。


    funaisokenkaneko.jpg
     このビジネスモデルは、排水処理施設を持つ企業に対して、腐植土という特殊な土を提供します。
    導入メリットとしては、
    1. イニシャルコストが不要であり、お試し導入ができること
    2. 設備の稼動を止めることなく導入可能であること
    3. 処理コスト削減分から、完全成果報酬型で導入できること
    を挙げさせて頂きました。
    事例としては、ある食品工場で、月40tの汚泥処理が0tになり1,000万円の経費を削減した事例もございます。
    そして、このビジネスを進める上で、新しい展開が出てきております。
    それは、異業種からの問い合わせが増えていることです。今モデル構築を進めている業界だけでも、物流業、人材派遣業、再生資源業、製造業が挙げられます。まずは、既存顧客へこのモデルの提案を進めていきたいという企業です。始めは、専任の技術者も同席をして進めていきます。その後は、「腐植土」の提供をすることで、売上を立てていきます。現状では、異業種からでも提案できるモデルを構築している最中ですが、環境ビジネスに新規参入をしたい企業様にとっては、高い利益の出せる提案材料の1つになることでしょう。
    ご関心のある方、提案先船井総研・環境ビジネスコンサルティンググループの金子(kaneko@funaisoken.co.jp)まで、お問い合わせ下さい。
    (株式会社船井総合研究所・金子裕人)
    ☆船井総研が運営する環境ビジネス情報サイト「eco-webnet.com
    ※記事は09年08月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    船井総合研究所

    本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

    ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
    エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

     
  • 「ブログ・船井総合研究所」の 月別一覧

     
  • ブログ・船井総合研究所」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら