Now Loading...
 
  • ブログ・船井総合研究所

    第90回:環境対策付加を提供する環境ビジネス

    2011年2月15日

     
     
     

     ここ数年で企業の環境配慮への意識は飛躍的に高まりました。物流会社でもその流れにのり、新たな事業として環境商材の取り扱いをご検討された企業様もいらっしゃると思います。しかし、今まで触れたこともない環境商材に戸惑った企業様も多いのではないでしょうか。そこで今回は既に物流会社で触れている環境商材についてご紹介します。


    funaiogawa.jpg
     物流会社が既に触れている環境商材。それはプラスチックです。プラスチックパレット、フレコンパック、ストレッチフィルム等、物流会社(特に倉庫保有の会社)はプラスチックと日々触れる機会が多い業種です。プラスチック商品の多くがバージン(新しい)プラスチック樹脂を利用して作られますが、昨今このプラスチックをリサイクルし、再生プラスチック商品として生まれ変わらせる技術が生まれています。
     神奈川県川崎市に三好環境株式会社という会社があります。三好環境社では数年前からこの廃プラスチックに着目し、新たなプラスチック商材を生み出しています。その一つが再生プラパレットです。また、フレコンパック、ストレッチフィルムまでも再生プラスチックで製造することが可能です。
     こうすることで、廃プラスチックという廃棄物を削減させるだけでなく、CO2の削減にも寄与する形となります。そして、自社でも利用することができる商品を物流会社がお付き合い先のメーカーや倉庫会社へ提供することで、業界外を巻き込んでの環境対策へとつながります。
     また、商品の発送も自社便がお客様の工場や倉庫へ通常の荷物搬入・搬出の際に持ち運ぶことができます。新たに輸送便を増強する必要はないのです。これこそ物流会社だからこそできる環境ビジネスの一つではないでしょうか。
     これからは如何にお客様に環境対策を付加できるかがポイント。まずはいつも触れている商品から目を向けて環境ビジネスをお考えになって頂ければと思います。
    (株式会社船井総合研究所・小川宏明)
    ☆船井総研が運営する環境ビジネス情報サイト「eco-webnet.com
    ※記事は10年1月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    船井総合研究所

    本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

    ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
    エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

     
  • 「ブログ・船井総合研究所」の 月別一覧

     
  • ブログ・船井総合研究所」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら