Now Loading...
 
  • ブログ・船井総合研究所

    第130回:通販物流マーケット進攻戦略

    2012年2月14日

     
     
     

     人口減少や社会の成熟化、環境保全意識の向上などにより、内需の縮小に伴い、国内物流マーケットは縮むことが予想されます。また、東北関東大震災の影響により、マーケットは混乱・停滞するでしょう。さらに、節約意識も増すことが予想されます。


    funaihashimotorensai.jpg
     このような環境下において、物流企業にとって”時流適応”の戦略策定は、緊急度が増しています。
     本紙のコラム中でも何度か申しあげましたが、物流企業の時流キーワードは、(1)環境、(2)個人、(3)安全・安心の3つです。
     これまでは、(1)の環境に関するビジネス(廃棄物関連ビジネス、省エネビジネス、農業ビジネスなど)について採り上げてきました。しかし、これからは、上記の緊急課題対応のため、個人関連の物流ビジネスのうち、これからも伸びが期待される通販物流ビジネスについても、掘り下げていきます。
     通販のマーケットボリュームは、伸び続けています。一部の報道によると、インターネット通販のそれは、7兆円に達したと言われています。通販ビジネス(物販)には、大きく分けて、カタログ通販、テレビ通販、小売拠点型通販、インターネット通販、モバイル通販があります。
     約10年前の2000年時点では、このうちカタログ通販の販売金額が78.9%(富士経済調べ)もあり、インターネット通販はわずか9.6%(同)でした。しかし、2009年の調査では、前者は31.1%に落ち込み、逆に後者は50.7%と半分を超えてしまっています。現在の2011年時点では、さらに割合は増えているでしょう。ずっと2桁成長です。
     ついている(伸びている)マーケットに攻め込むのは、基本的なマーケティング戦略です。今月から、この”ついている”通販物流マーケットへの進攻策を一緒に見ていきましょう!
    (株式会社船井総合研究所・橋本直行)
    ☆船井総研が運営する環境ビジネス情報サイト「eco-webnet.com
    ※記事は11年3月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    船井総合研究所

    本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

    ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
    エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

     
  • 「ブログ・船井総合研究所」の 月別一覧

     
  • ブログ・船井総合研究所」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら