Now Loading...
 
  • ブログ・船井総合研究所

    第286回:KPIを絞る

    2015年2月9日

     
     
     

     先日、トラスコ中山様の物流センターを視察する機会がありました。
     トラスコ中山様は、機械工具や作業用品などのプロツール(工場用副資材)の卸売企業で、創業以来右肩上がりで成長を続けられています。機械工具の卸としては最後発であった同社が、競合他社との差別化として、(1)商品力(2)物流力(3)情報力(4)全国力、の四つの要因を掲げています。
     その中の物流力ですが、商社や販売店からの注文に対し、「即日・翌日配送」を実現されています。工場や作業現場では、一つの部品や工具がないだけで現場が止まってしまうため、即日配送というサービスはエンドユーザーから支持を得て、業績を伸ばされています。


    funaikawa.jpg
     この即日納品体制を実現するために、KPI(重要業績指標)を在庫〝出荷率〟に定め、社内周知徹底されています。取り扱いアイテム数が100万点以上ある中、在庫出荷率は90%超といわれていますが、そのポイントは、KPIを一つに絞っているということです。
     一般的な卸や物流センターでは、在庫〝回転率〟を重要視している企業が大半でしょう。しかし、同社では一番の売りである即日配送を実現するために、在庫回転率はまったく無視しているのです。回転率を指標に掲げると、どうしても効率を考え、あまり動かない在庫は持たないようになり、その結果在庫出荷率は下がってしまいます。
     管理指標が複数あり、かつその指標がトレードオフの関係であれば、必ず現場は混乱します。どちらを優先させるべきか判断に迷うためです。
     そこで、トラスコ中山様では、強みをさらに伸ばすためにKPIを一つに絞り込み、経営戦略から現場の動きまで、一貫性を持たせているのです。KPIを絞ることでやることを明確にし、ブレない経営を実現されている好例です。
    (船井総合研究所・河内谷庸高)
    ☆船井総研が運営する物流ビジネス情報サイト「http://www.ecologi.net
    ※記事は14年10月の記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    船井総合研究所

    本コーナーでは、船井総合研究所 環境ビジネスコンサルティンググループによる リレー連載を掲載します。

    ロジウェブネット http://www.logi-web.net/
    エコウェブ http://www.eco-webnet.com/

     
  • 「ブログ・船井総合研究所」の 月別一覧

     
  • ブログ・船井総合研究所」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら