Now Loading...
 
  • ブログ・花房 陵

    間抜けな仕事

    2007年7月25日

     
     
     

    ●あのひと、七厘だね~
    おばあちゃんが玄関先のクツの乱れ、障子の開け閉て、浴衣の帯、傘立ての仕舞い方を
    眺めては、「きちんとしていない人を七厘」と呼ぶことを教えてくれた。要するに間抜け、間
    が悪い、だらしない、ということらしいです。
    日本にはこんな粋な言い方があったのか、奥が深い、それは具体的にどんな事なのか、と
    思うまでもなく、感じるものです。
    人の動きや仕事の仕方、作法や礼儀、段取りや生活、生き方、話しぶり、およそすべての
    所作には『間』という悪魔が潜んでいます。間が悪い、魔が差した、というように、間と魔は
    同じ物らしいです。
    物流現場でも、『間』も『魔』も良く出てきます。そ~ですよね。
    ●ま とめ まとめ は3連活用
    『間』 はご存じのようにタイミング、段取り、・・・・
    『止め』は、置き方、仕舞い方、留め方、・・・・
    『まとめ』は、バッチ、まとめ作業、作業の計画、分割、分離、・・・
    『ま・とめ』というのは、分かりやすく、でも忘れやすい、見たら気づく、言われたら分かる、
    そりゃソーダ、納得、という物流でも一番効果のあるキーワードです。
    ●見たらすぐ分かる ま・とめ
    ヒトやモノ、作業や仕事、人の動きや意欲、計画と実績、社風と雰囲気、みんなみんな
    『ま・とめ』で測ることができるのです。
    それは、観察するだけです。 言われたらすぐに気づくことです。 間が悪いぞ、そーで
    すよね。
    ま・とめ のある職場はプライドが高い、誇りや自信に満ちているはずです。品質やコス
    ト、スピードもきっと成功しています。
    壁に掛けましょスローガン、胸に飾りましょワッペン、ところどころに印刷しましょう。
    『ま・とめ』ができたら、あなたの職場はぴかいちになるはずです。
    点検も指導もチェックも激励も賞賛も、点数ではなく『ま・とめ』点数で量ればOKですね。
    ●ど~すりゃいいのさ?
    『ま・とめ』スローガンの良さは、誰でも分かる、知っている、気づける、納得できる、評価できる
    だんだん良くなる、先輩と新人の違いがハッキリする、ベテランの味が出せる、さすが!という
    余地がいくつでもある、さらに研究できる、まだまだ奥がある、極めることが難しい、永久改善。
    方法や手段、最初にすること、最後にする事、毎日する事、点検する方法、・・・・・
    誰にでもいつでも、いつまでも現場を見るときに使えるスローガンなんですよ。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    花房 陵

    イーソーコ総合研究所 主席コンサルタント
    コンサル経験22年、物流から見た営業や生産、経営までをテーマに 28業種200社以上を経験。業種特有の物流技術を応用して、物流 の進化を進めたい。情報化と国際、生産や営業を越えたハイブリッド 物流がこれからのテーマ。ITと物流が一体となる日まで続けます。

     
  • 「ブログ・花房 陵」の 月別一覧

     
  • ブログ・花房 陵」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら