Now Loading...
 
  • ブログ・花房 陵

    できるところから最善を目指す事

    2008年2月25日

     
     
     

    ●すべては一夜では為しえない
    優れた会社や見事な現場は不断の努力とそこに働く人の決意で
    出来上がります。わずかでもあきらめや怠け、恥知らずの仲間が
    いれば、全体の調和は一瞬にして崩れます。
    安全や清掃、精度と安定は小さな努力の積み重ねであって、突
    貫工事ではできないのです。正しいと思うことを着実に誠実に積
    み上げることしか、完成は届きません。
    月に行くにも計算づくで打ち出したロケットが届かないように、軌
    道修正や再計算は常に続きます。
    良かれと思って始めた心がけが仲間の賛意を受けずに中断した
    り、途中で終わってしまうのも、計算に頼りすぎるからです。
    目で見たおいしそうなケーキを取ったり、口に運ぶにも方向と動き
    の計算ではなく、都度の修正とやり直しがついて回ります。
    人のこのような修正作業をサイコサイバネティクスと呼んで、ロボッ
    トのセンサーが足りなくてぎこちない動きをする原因なのです。

    ●継続こそすばらしい蓄積につながります

    見える化とか5Sが実は恥と誇りの文化であるように、協調を忘れたり
    仲間はずれが生まれてしまったり、一人だけのマーフィーがいること
    によって大成が止まることがあります。
    当たり前のことを当たり前に為してみて、はじめて継続の重要性と
    難しさを知ることがありますが、職場の維持や安全の確保というのも
    そんなに高度なことではないはずです。
    けれども為すことが重要で為さぬことは安易で容易だから、流されて
    しまうのですね。
    何かと取引したり、理由を考えたり、トレードオフだからと言い訳を
    考えている間に、見事な調和は崩れてゆきます。
    為すべきことを確実に。真理として習ってきたことを忘れるのは、自分が
    一人でがんばっているという誤解からです。
    職場も人生も家庭も仲間も、皆あなたを必要としているし、あなたが
    誰かを支えていることに気づかねばなりません。
    調和を乱すのがあなたなら、心がける必要があります。
    小さな恥知らずが芽生えたとき、全体の調和が崩れてゆきます。
    職場や仕事に誇りがあれば、できることだけを確実に誠実に行う決意が
    守られます。
    ●チームでフックアップ
    持ち上げること、支えること、助けてあげること、順番だからと考えること
    時には頼りたくなること、・・・・・弱い人間でもチームがあれば強くなれる。
    リーダーがいても仲間のプッシュがなければ、互いの信頼と支えあう心
    意気がなければ、つまりはフックアップの精神がもっとも大切なのです。
    皆がつながるとき、フックアップをお互いに意識したとき、職場は大きく
    変わります。もうすでに善のサイクルが回り始めているのです。
    合言葉にフックアップ、取り入れてみませんか。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    花房 陵

    イーソーコ総合研究所 主席コンサルタント
    コンサル経験22年、物流から見た営業や生産、経営までをテーマに 28業種200社以上を経験。業種特有の物流技術を応用して、物流 の進化を進めたい。情報化と国際、生産や営業を越えたハイブリッド 物流がこれからのテーマ。ITと物流が一体となる日まで続けます。

     
  • 「ブログ・花房 陵」の 月別一覧

     
  • ブログ・花房 陵」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら