Now Loading...
 
  • ブログ・高橋 久美子

    第404回:ホンネで仕事ができる時代

    2019年6月24日

     
     
     

     所有することに意味を感じなくなり、物やお金よりも本質的なものに価値を感じるようになった若い世代。時代の価値観が変われば、当然、ビジネスでとるべき戦略も変わってきます。実は、この価値観の変化は、今まで運賃競争に苦労してきた人にとっては、うれしい変化です。逆に言うと、値下げすることでしか、価値を提供できなかった会社にとっては苦労する時代と言えます。

     

     無人化が進むと、提供するサービスの差はなくなっていきます。きめ細かいサービスやミスがないこと、正確さなどは、人が提供していたときと違い、どの会社でも同じレベルのサービスが提供できるようになります。そうなったときに、最終的にどの会社と付き合うことになるのか?

     さて、あなたが逆の立場だったらどうでしょうか? どんな会社と付き合いたいですか? 同じ条件で、どこと付き合ってもいいとしたら、あなたなら、どの会社と取引しますか?

     当然、「好きな人」と、取引をすることになるはずです。どこと付き合ってもいいのなら、ガマンして嫌な人と付き合う理由がなくなるわけです。つまり、「人で選ばれる時代になる」ということです。信頼できる、好きな人と取引ができる。そんな時代がやってきます。

     あなたもご存知のように、若年経営者世代はすでに、この価値観で仕事をしています。

     良くも悪くも、我々の年代までの物質世代は、「好き嫌いを言っていられない」とか「建前とホンネ」とか、「仕事はガマンがつきもの」といった過去の価値観から、まだ抜け出せずにいます。

     しかし、時代が変化して、ホンネで仕事ができる時代になるということです。

     そうなった時に、あなたの会社を選ぶ基準は「社長である、あなた」になる可能性が高いです。特に、トラック20台以下の運送会社は、社長の理念が、そのまま会社の理念になっている場合が多いです。社長が大事にしている価値観が、そのまま社員に浸透しているはずです。

     さて、「あなたと付き合いたい」「あなたの会社と取引したい」そう思ってもらうためには、「あなたが、どんな人なのか?」を、取引先に知ってもらう必要があります。

     これからは、今まで以上に、会社のスペックではなく、あなたの理念や考え方、人となり、大事にしている価値観、そして、どんな人と付き合いたいと思っているのか? を、表に見えるように発信する必要があるということです。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    高橋 久美子

    あなたの会社が儲かっていない本当の理由
    規制緩和により、夢大きく独立開業した運送会社の社長たち。その社長さんたちが、規制緩和後の業界環境の変化により、今、とても厳しい状況に立たされています。経営不振の影響によるメンテナンスの不備も懸念され、それが引き起こす悲惨な交通事故も、連日ニュースで報道されています。このような危機的状況を受け、中小規模運送会社の根本的な経営改善と救済を目的として発足したのが、私たち「全国中小規模運送会社 経営改善推進委員会」です。

    全国中小規模運送会社 経営改善推進委員会

     
  • 「ブログ・高橋 久美子」の 月別記事一覧

     
  • ブログ・高橋 久美子」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら