Now Loading...
 
  • ブログ・高橋 久美子

    第44回:業者が薦める、写真集型ホームページ

    2010年11月24日

     
     
     

     「ピカピカのトラックを、何十台も、横一列にズラーッと並べたい!」。運送会社の社長さんに「あなたの目標は何ですか?」と聞くと、このような答えが返ってくることが非常に多いです。もしかしたら、あなたも、そのような姿を理想に抱いているかもしれません。


     先週から、運送会社のホームページ作成についてお話をしています。たいていのHP制作会社は、運送会社の社長さんの多くが、このように「自社のトラックが大好き」なことを、しっかり理解しています。ですから、トラックの写真だらけの、まるで写真集のようなページの制作を薦めてきます。
     トップページの看板に、あなたの会社のトラックを並べ、更にはそのトラックが動いたりします。その横には、標語のようなきれいな言葉が、流れるように表示されます。このようなサイトは画像処理やフラッシュの制作をするので、制作料金は高めになるのですが、社長さんは自社の自慢のトラックの写真がたくさん並ぶ、そのページに大満足しています。これが、業者に「完全おまかせ」で作った、運送会社のHPの典型的な例です。しかし、これでは肝心の売上には、全く結びつきません。
     あなたが、今から自社のHPを作る場合には、まずは「目的」を決めることが必要です。例えば、『運送会社を探している人』に見てもらうためのHPなら、まずは、ページにたどり着くまでの「導線」を作らなければなりません。この導線については、少し複雑な説明が必要なので、別の機会に詳しくお話していきます。そして、その人の「特性」を見極め、その特性に対応した情報を、ページ上に載せていく必要があります。
     では、「運送会社を探している人」の「特性」とは、どんな事があげられるでしょう。こちらからアプローチをする場合とでは、一体、何が違うと思いますか?少し、考えてみてください。ひょっとしたら、あなたがHPで何かのサイトを見るときのシチュエーションを思い出してみると、わかりやすいかもしれません。
     まず、ネット上で「探している」時は、ほとんどの場合「今すぐ客」になります。今、既に運んでほしい荷物がある。そして、どこかに頼みたいと思っている。という場合が圧倒的に多いと考えられます。急いでいそうだという事も、なんとなく想像できると思います。
     そうなると、先ほどお話したようなサイトはどうでしょう。画像だらけで、容量が重く、表示されるまでに3秒以上かかってしまうようなページは、それだけでイライラされ、閉じられてしまう可能性が高いです。
     そもそも「今すぐ客」と「ゆっくり検討したい客」とでは、欲している情報が異なるのです。では「今すぐ客」の場合は、どのような情報を欲しているのでしょうか。来週はサイトを訪問する「今すぐ客」が欲している情報について、掘り下げてお話していきますね。せっかく、お金をかけて作るHPなのですから、ぜひ、売上につながるものを作っていきましょう。
    全国中小規模運送会社・経営改善推進委員会代表 高橋久美子
    http://www.handlecover.com/kaizen/

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    高橋 久美子

    あなたの会社が儲かっていない本当の理由
    規制緩和により、夢大きく独立開業した運送会社の社長たち。その社長さんたちが、規制緩和後の業界環境の変化により、今、とても厳しい状況に立たされています。経営不振の影響によるメンテナンスの不備も懸念され、それが引き起こす悲惨な交通事故も、連日ニュースで報道されています。このような危機的状況を受け、中小規模運送会社の根本的な経営改善と救済を目的として発足したのが、私たち「全国中小規模運送会社 経営改善推進委員会」です。

    全国中小規模運送会社 経営改善推進委員会

     
  • 「ブログ・高橋 久美子」の 月別一覧

     
  • ブログ・高橋 久美子」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら