Now Loading...
 
  • ブログ・高橋 久美子

    第247回:爬虫類脳の働きが優先に

    2014年12月1日

     
     
     

     中小運送会社の悩みは「お金」「人」「時間(忙しすぎる)」です。この三つの悩みを最短最速で解決するために重要なことは、解決の「順番」です。
     まずは、どの問題から解決していくか? その次に、どれに手をつけて、そして最後に取り掛かるべきなのが、どの問題なのか? ここが非常に重要です。
     一番最初に解決すべきは「お金」の問題です。なぜなら、この三つの中で「お金の問題」は先週お話した「マズローの欲求5段階説」の中でも、より「低次な欲求」にあたるからです。


     毎日、資金繰りのことで夜も眠れず、胃が痛くなるような状態では、従業員の教育にエネルギーを注いだり、将来のための建設的な思考をすることができません。私たちの脳は、お金の恐怖や心配で頭がいっぱいの状態のときは、脳幹の「爬虫類脳」という部分が働いています。脳幹とは、脳の一番下の部分で、生命維持を優先する脳みそです。
     一方、「従業員のレベルアップをしたい」とか「自由な時間がほしい」「将来のことをゆっくりと考えたい」「これから、わが社はどんな戦略を打ち出していこうか」などといった、建設的・戦略的な思考は、脳みその上外側の部分、大脳新皮質が行います。
     しかし、脳みそは、この建設的・戦略的思考よりも、生命維持に関わる問題の方が、より重要度の高い問題と判断します。ですから、大脳新皮質の働きよりも、爬虫類脳の働きの方が優先されてしまうのです。
     ですから、資金繰りの心配や、お金の問題が解決できないうちは、人の問題や時間の問題に着手しても、建設的・戦略的な思考ができず、うまくいかないというわけです。
     このような理由から、「お金」「人」「時間」の、三つの悩みを抱えている状態の場合は、一番最初に解決すべき問題は「お金の問題」になるわけです。まずは、お金の苦しみから解放されることが先決です。これが、「最短最速」で、三つを解決するための一番重要なポイントです。
     それでは、そのお金の問題は、どのように解決していけば良いのでしょうか。来週から一緒に解決していきましょう。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    高橋 久美子

    あなたの会社が儲かっていない本当の理由
    規制緩和により、夢大きく独立開業した運送会社の社長たち。その社長さんたちが、規制緩和後の業界環境の変化により、今、とても厳しい状況に立たされています。経営不振の影響によるメンテナンスの不備も懸念され、それが引き起こす悲惨な交通事故も、連日ニュースで報道されています。このような危機的状況を受け、中小規模運送会社の根本的な経営改善と救済を目的として発足したのが、私たち「全国中小規模運送会社 経営改善推進委員会」です。

    全国中小規模運送会社 経営改善推進委員会

     
  • 「ブログ・高橋 久美子」の 月別一覧

     
  • ブログ・高橋 久美子」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら