Now Loading...
 
  • ブログ・高橋 久美子

    第376回:投資がギャンブルだった理由

    2017年7月10日

     
     
     

     

     トラック20台以下の運送会社の経営者が「経済的自由、精神的自由、そして、時間の自由」を手に入れるための五つのステップ、最後のステップ5「投資をする」について、話を続けます。

     先週は、投資についての刷り込み教育についてお伝えしました。しかし、それだけではありません。高度成長の時代は、政策金利も7%でした。預金で7%の利回りがあるのですから、わざわざ他の投資先など探す必要がなかったわけです。定期預金や、保険商品を購入すれば、「時間の経過」だけで、確実にお金を増やすことができました。ですから「投資なんて怖いよ、やめておいたほうがいい。預金が堅実だよ」という意見に合理性があったのです。政策金利で7%ですから、当時で言うところの投資とは、それ以上の利回りを狙うリスクの高いものを指していました。まさにハイリスク・ハイリターンだったわけです。

     

     ところが、今の時代は、ゼロ金利の時代です。ただ時間が経過するだけではお金は増えなくなりました。「お金を稼ぐ」「稼いだお金を増やす」というステップを考えたとき、どうしても「投資」を考える必要があります。つまり今、我々が考えるべき投資とは、昔のハイリスク・ハイリターンのギャンブルのようなものではなく、リスクもリターンも、当時の法定金利以下の堅実なもの、という意味合いになるわけです。

     大きな企業のIR情報を見れば、投資をすることでお金を増やすというプロセスが、ビジネスに必須であるということは一目瞭然です。ぜひ、あなたも投資について勉強を始めてみることをお勧めします。

     ここで改めて、トラック20台以下の運送会社の経営者のための五つのステップをおさらいします。

     ステップ1、売り上げを上げる

     ステップ2、利益率を上げて現金を増やす

     ステップ3、所帯を小さく、固定費と借金を減らす

     ステップ4、運送業を支えるもう一つの収入源を構築する

     ステップ5、投資をする

     簡単に言うと、お金を稼いで、稼いだお金が減らないようにして、かつ、増やす、というプロセスです。特に重要なのは、稼いだところで勘違いして大風呂敷を広げない、ということです。これができれば、今より格段に「経済的自由」「精神的自由」「時間の自由」が手に入っているはずです。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    高橋 久美子

    あなたの会社が儲かっていない本当の理由
    規制緩和により、夢大きく独立開業した運送会社の社長たち。その社長さんたちが、規制緩和後の業界環境の変化により、今、とても厳しい状況に立たされています。経営不振の影響によるメンテナンスの不備も懸念され、それが引き起こす悲惨な交通事故も、連日ニュースで報道されています。このような危機的状況を受け、中小規模運送会社の根本的な経営改善と救済を目的として発足したのが、私たち「全国中小規模運送会社 経営改善推進委員会」です。

    全国中小規模運送会社 経営改善推進委員会

     
  • 「ブログ・高橋 久美子」の 月別一覧

     
  • ブログ・高橋 久美子」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら