Now Loading...
 
  • ブログ・川﨑 依邦

    経営再生物語(9)収支計画、二つのポイント

    2013年5月31日

     
     
     

     収支計画は実績(直近決算)に踏まえて作成する。ポイントは二つある。



    フォーム.jpg
     一つは債務超過状態からいつ脱出するかである。「5年で脱出せよ」とは国策である。実際は10年で脱出収支計画を作る。もう一つは借入金を何年かかって返済できるか――債務償還年数である。15年が目安である。そのためには、直近決算をデューディリジェンス(再査)する。実際はどうか、粉飾をそぎ落とし真実の姿を掴む。その上で毎年いくらのキャッシュフローを稼ぎだせばいいか算出。キャッシュフローとは税引き後利益と減価償却費の合計額のことである。借入金÷キャッシュフロー額<15年。債務超過額÷税引き後利益<5年とする。

     「とても15年では借入金を返済できない」と諦めることはない。20年でどうかと粘り強く銀行と交渉していく。「とても5年では債務超過は脱出できない」と絶望することはない。10年でどうかと再計画していく。何よりも実現の可能性がある経営改善計画を作成する。絵空事であってはならない。絵空事とは根拠のないことである。「毎年売り上げを10%ずつアップします」と言うだけでなく、確かな根拠を示していくことである。
     実現の可能性が高いのは、内部改革である。決断と勇気をもって内部改革する。というより、必然的に給与改革せざるを得ない。場合によっては人員リストラせざるを得ない。運送業ではドライバーをリストラすると売り上げが下がる。しかし、売り上げが下がっても、利益(キャッシュフロー額)を叩きだす経営改善計画を作る。
     収支計画のフォームは左の通りである。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    川﨑 依邦

    経営コンサルタント
    早稲田大学卒業後、民間会社にて人事・経理部門を担当し、昭和58年からコンサルタント業界に入る。
    63年に独立開業し、現在では『物流経営研究会』を組織。
    中小企業診断士、社会保険労務士、日本物流学会正会員などの資格保有。
    グループ会社に、輸送業務・人材サービス業務・物流コンサルティング業務事業を中心に事業展開する、プレジャーがある。

    株式会社シーエムオー
    http://www.cmo-co.com

     
  • 「ブログ・川﨑 依邦」の 月別一覧

     
  • ブログ・川﨑 依邦」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら