Now Loading...
 
  • ブログ・川﨑 依邦

    経営再生物語(146)開拓力の発揮〈事例A〉

    2017年3月13日

     
     
     

     〈追いつめられ目覚め〉



     運送会社の中には、受け身が高じてヤクザ的というか、保守的な気風になじんでしまうところもある。時には、「オマエの家にでも火をつけたろうか。車を燃やしてやろうか」などといった暴言を吐くものもいる。荷主に対する全面依存、全面従属のなせる業である。
     開拓力がポイントである。開拓力とは、道を切り開く力のことである。トコトンまで、ギリギリまで追い詰められないと、本当の開拓力は身に付かない。ダメになるか、よみがえるか、紙一重の場面で道を切り開くエネルギーが発揮される。開拓力を発揮して、今では年商100億円の物流会社をつくり上げたトップの言った言葉がある。
     「創業当初からのモットーとして、荷主が求めるものについては、決して?できない?と言わないこと。いったんは必ず挑戦して、どうしても採算に合わなければ、事情を荷主に説明すること。石油ショックのとき、一挙に仕事が減ってずらーっと車が余った時、必死になって荷主開拓に走り回ったこと。逆風というか、ピンチのときこそ、?ナニクソ?というエネルギーが湧きます」
     仕事が減ったときに、闘志を燃やして行けるかどうかが、開拓力発揮の分かれ目である。
     「石油ショックで、次々と車の台数が減っていきました。大手運送会社の下請けとして仕事をしていたので、景気が悪くなると、次々と車の台数を減らされていったのです。車庫が、中古トラックの展示場みたいになりました。ここで踏ん張りました。ナニクソの日々です」

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    川﨑 依邦

    経営コンサルタント
    早稲田大学卒業後、民間会社にて人事・経理部門を担当し、昭和58年からコンサルタント業界に入る。
    63年に独立開業し、現在では『物流経営研究会』を組織。
    中小企業診断士、社会保険労務士、日本物流学会正会員などの資格保有。
    グループ会社に、輸送業務・人材サービス業務・物流コンサルティング業務事業を中心に事業展開する、プレジャーがある。

    株式会社シーエムオー
    http://www.cmo-co.com

     
  • 「ブログ・川﨑 依邦」の 月別一覧

     
  • ブログ・川﨑 依邦」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら