Now Loading...
 
  • ブログ・川﨑 依邦

    経営再生物語(180)ゆでガエルになるな〈事例A〉

    2017年12月8日

     
     
     

    〈思いは届かず〉


     「社長、このままでは会社がつぶれます。この際、経営の抜本改革案を早急につくります。そして、この抜本改革の実行役として、わたしが最後のご奉公をします。やらせて下さい」

     タイタニックという映画がある。沈んでいく船の話である。沈む運命の中でラブストーリーが育まれていく。運命に必死になってあらがっていく。A社はまさにタイタニック号となった。

     側近B氏は一世一代、必死になってA社長の決断を迫っていった。ところが、裏目になってしまった。A社長は創業者のコトバが頭に残っていた。

     「Bはいい男だ。ところがあいつは経営者タイプではない。経営者としては無能といっていい。上手に使え」

     A社長にしてみれば、B氏の必死の忠言は「自分が社長をやります」というように聞こえた。B氏の真意は伝わらなかった。ムスッとしてB氏の忠言を聞いた。A社長は一言も言わず、ひたすら考え込むばかりである。「これ以上さらに迫ると、A社長はますます病気になってしまう」――側近B氏は会社を去るしかなかった。B氏の悲しい決断である。

                   (つづく)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    川﨑 依邦

    経営コンサルタント
    早稲田大学卒業後、民間会社にて人事・経理部門を担当し、昭和58年からコンサルタント業界に入る。
    63年に独立開業し、現在では『物流経営研究会』を組織。
    中小企業診断士、社会保険労務士、日本物流学会正会員などの資格保有。
    グループ会社に、輸送業務・人材サービス業務・物流コンサルティング業務事業を中心に事業展開する、プレジャーがある。

    株式会社シーエムオー
    http://www.cmo-co.com

     
  • 「ブログ・川﨑 依邦」の 月別一覧

     
  • ブログ・川﨑 依邦」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら