Now Loading...
 
  • ブログ・川﨑 依邦

    経営再生物語(190)心のバトンタッチ〈事例A〉

    2018年4月30日

     
     
     

    〈自分を超えろ〉

     

     「息子に任せていくにはまだまだ」と思う半面、心が揺れる。3か月のハードワークに耐え抜いて、燃えて張り切っている息子。実践で鍛えていく教育方針に誤りはない。苦労が人を育てていくのも本当だ。2か年の経験で、きっとたくましく育っていくことだろう。それまではじっと待つ。失敗しても、それがクスリとなる。

     思うようにやらせてみよう。それで息子のハラを読み切り、「よし、いける。2か年よくがんばった」と評価できれば、後継のレールを明確にしていこう。

     財産は、税金を納めれば相続できるが、経営者魂は、どうしたら伝えることができるのか。それは、自らの生き方という無言の姿勢と深い願いである。自らの生き方は五つのキーワード=経営理念に込められている。

     息子への願いは「全力を尽くせ。自分を超える経営者になってほしい」ということである。A社長の思い、息子に対する思いは深い。以心伝心で息子にも伝わっている。

     バトンタッチということは、心と心の結び付きのことでもある。決して金ではない。金のバトンタッチだけでなく、心のバトンタッチが後継体制の真髄である。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    川﨑 依邦

    経営コンサルタント
    早稲田大学卒業後、民間会社にて人事・経理部門を担当し、昭和58年からコンサルタント業界に入る。
    63年に独立開業し、現在では『物流経営研究会』を組織。
    中小企業診断士、社会保険労務士、日本物流学会正会員などの資格保有。
    グループ会社に、輸送業務・人材サービス業務・物流コンサルティング業務事業を中心に事業展開する、プレジャーがある。

    株式会社シーエムオー
    http://www.cmo-co.com

     
  • 「ブログ・川﨑 依邦」の 月別一覧

     
  • ブログ・川﨑 依邦」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら