Now Loading...
 
  • ブログ・野口 誠一

    第249回:好調を経営手腕と錯覚

    2009年12月18日

     
     
     

     Aは実に人脈の広い、政治力のある男だった。NさんはAの紹介で、次々に新規の病院へ販路を拡大していく。むろんそこにリベートは絡んだが、そんなものは痛くも痒くもないほど売り上げは伸び、つれて業績も急拡大していった。NさんがAに感謝したことは言うまでもない。
     しかし、この幸運がNさんにとってよかったかどうか、そこはわからない。経営者は苦労を重ねながら真の経営者になっていく。
     30歳そこそこの若さで、ラッキーとリベートで成功しては、逆に、真の経営者になる機を失したと言ったほうが正しいかもしれない。事実、Nさんの好調は数年続くが、彼はそれを自分の経営手腕と錯覚した。
     そしてもう一つ、その当時、日本経済がバブルのまっただなかにあったという事実も見逃せない。株価は青天井で4万円に肉薄し、土地は「土一升・金一升」とばかりに急騰していく。あらゆるモノが売れ、誰もが儲かり、景気は過熱し、沸騰した。
     医薬品とて例外ではない。病院は高齢者のサロンと化し、患者はどっさりと薬を渡され、「日本人の薬好き」と揶揄されるほど薬が消費されていく。
     かくしてNさんの経営は絶好調が続くが、それをバブルのなせるわざとは気付かなかった。彼だけではない。バブルがはじけるまで誰も気付かなかった。なかには本業そっちのけで財テクや土地転がしに走る経営者も少なくなかった。
     Nさんのところにも毎日のように銀行がやってきて、「株を買え」「土地を買え」「金はいくらでも貸す」とうるさい。Nさんも「付き合い」とばかりに金を借り、自宅を建て、ついでに薬局を開き、経営は薬剤師の奥さんに任せた。
     その借金7000万円は小さくなかったが、いまの経営が続く限り問題はない。が、思惑通りにいかないのが経営である。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    野口 誠一

    八起会 会長
    株式会社ノグチプランニング 代表取締役

    昭和5年 東京生まれ、日本大学卒業。
    昭和31年 25歳で玩具メーカーを設立し、従業員5名・月商150万円でスタート。 わずか5年で従業員100人・年商12億円を売り上げるまでに成長させる。
    しかし、ドルショックと放漫経営がたたり、昭和52年に倒産。自宅や工場などの全資産を処分して負債を処理し、会社を畳む。
    翌53年、倒産経験者同士が助け合う倒産者の会設立を呼び掛け、『八起会』を設立。
    弁護士や税理士、再起に成功した会員らが無料で電話相談に乗る『倒産110番』を開設。
    再起・整理などの実務的なアドバイスや経験談を交えた人生相談を無料で奉仕している。
    昭和59年 株式会社ノグチプランニングを設立し、再起をはかり、執筆活動や全国各地で講演活動を展開している。
    平成28年2月18日 東京都内の病院にて逝去、享年85歳。

    電話番号:03-3835-9510(倒産110番)
    HP:http://yaoki.html.xdomain.jp/

     
  • 「ブログ・野口 誠一」の 月別記事一覧

     
  • ブログ・野口 誠一」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら