Now Loading...
 
  • ブログ・鈴木 邦成

    見える化の推進

    2009年8月16日

     
     
     

    中国で現地の物流施設などを見学、視察してきました。
    サブプライムローン以降、中国の景気、荷動きも一段落しているようでしたが、それでも依然、右肩上がりの経済成長を続ける状況には変わりがないようでした。
    さまざまな物流環境を見ることで、我が国の物流システム、中国物流、国際物流の課題やポイントが見えてくるように思えました。
    見える化への工夫
    物流センターなどの見える化を考える場合、管理板、表示マップなどの活用は欠かせませんが、「あちこちに必要以上に多くの扉が設けられている」という状況も見える化を妨げてしまいます。
    扉などは最小限にして、見通しをよくしておきたいところです。
    さらにいえば容器の蓋、書類の表紙なども、どうしても必要でないものについては、できる限り省くようにしましょう。
    蓋や表紙が見える化を妨げる要因となってしまうからです。
    見える化を推進するにあたり、「いかにすればよく見えるようになるか」ということに日頃から注意しておく必要もあるわけです。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    鈴木 邦成

    物流エコノミスト・日本大学教授
    国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
    欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
    国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

     
  • 「ブログ・鈴木 邦成」の 月別一覧

     
  • ブログ・鈴木 邦成」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら