Now Loading...
 
  • ブログ・鈴木 邦成

    船舶の大きさと呼称

    2010年1月29日

     
     
     

    冬場の疲労のたまる時期
    暖かい日が多くなりましたが、新年会などで疲労がたまり、免疫力が落ちている人も多いことでしょう。
    油断せずに健康管理に気を使っていきたいところです。
    船舶の呼称
    船舶の大きさについて通過する運河などを基準に呼称が設けられます。
    パナマックスといえばパナマ運河を通航できる最大船型です。
    スエズマックスというと、スエズ運河を通航する最大船型となります。
    また、スエズ運河を航行できない大型船舶をケープサイズと呼びます。
    マラッカ海峡を通航できる最大サイズはマラッカマックスといいます。
    また、パナマ運河を通航する必要がない大型コンテナ船がポストパナマックスコンテナ船と呼ばれます。
    と、同時に船舶の大きさにより、海運ルートも変わってくるわけです。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    鈴木 邦成

    物流エコノミスト・日本大学教授
    国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
    欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
    国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

     
  • 「ブログ・鈴木 邦成」の 月別記事一覧

     
  • ブログ・鈴木 邦成」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら