Now Loading...
 
  • ブログ・鈴木 邦成

    次世代のロジスティクスへ向けて

    2010年12月9日

     
     
     

    国際物流への関心
    拙著『図解 国際物流のしくみと貿易の実務』(鈴木邦成著、日刊工業新聞社)の売れ行きがなかなか良いようです。
    物流グローバル化への対応を考える必要性が高まっているからだと思います。
    物流を取り巻く社会環境が明らかに大きく変わりつつあり、多くの方がそれを機敏に察知されているのだと思います。
    ロジスティクスの考え方の進歩
    この10年でロジスティクス、あるいはサプライチェーンマネジメントという概念も業界の内外にすっかり定着しました。
    「物流を戦略的に考える」という流れが産業界で市民権を得たともいえるでしょう。
    さらにいえばこれからの10年は、それに続く新しい概念が物流領域に誕生し、それが発展していくのかもしれません。
    グローバル化やグリーン化の流れの中で 物流はさらなる効率化を遂げていくことになるのでしょう。
    もちろん、これからの10年で「次世代ロジスティクス」の概念が登場さひてくる可能性が相当にあるといえるでしょう。
    そしてまもなくやってくる2011年は、そのための最初の一歩かもしれません。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    鈴木 邦成

    物流エコノミスト・日本大学教授
    国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
    欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
    国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

     
  • 「ブログ・鈴木 邦成」の 月別一覧

     
  • ブログ・鈴木 邦成」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら