Now Loading...
 
  • ブログ・鈴木 邦成

    ロジスティクス中長期戦略の見直し

    2011年2月21日

     
     
     

    グローバル物流戦略の構築
    民主党政権の支持率低下に歯止めがかからないようです。
    政治の安定なしに経済低迷からの脱却もありえないように思えますが…。
    グローバル物流戦略を国家サイドからマクロ的に支援していく必要性も最近は痛感しています。
    我が国もしっかりとした国際物流戦略を構築、推進しなければならない、「待ったなし」の状況に追い込まれつつあるように感じています。
    中長期戦略の策定
    物流戦略を中長期的に構築していく場合でも年度ごとの見直し、修正が必要になります。
    中長期戦略といえども一度、策定したらそのままというわけにはいきません。
    社会環境の変化、物流イノベーションの技術動向、競合他社や取引企業、顧客企業との関係などを逐次、チェック、検証しながら微修正を繰り返すローリング形式を採用する必要があるわけです。
    そしてたとえ、「いったん決めたこと」でも状況の変化により対応が不可能になればいつでも方向性を修正していく努力が望まれます。
    中長期戦略といえども、継続的な「改善」が欠かせないわけです。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    鈴木 邦成

    物流エコノミスト・日本大学教授
    国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
    欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
    国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

     
  • 「ブログ・鈴木 邦成」の 月別一覧

     
  • ブログ・鈴木 邦成」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら