Now Loading...
 
  • ブログ・鈴木 邦成

    ロジスティクスパークのインフラ整備

    2011年3月11日

     
     
     

    時の流れ
    かつて年輩の方から「明治は遠くなりにけり」という言葉をよく聞きましたが、気がつけば、大正も昭和も遠くなってしまいました。
    ちなみに今年は大正100年に当たります。
    また、中華民国も建国から100年ということになります。
    産業用地のインフラ整備
    物流団地、ロジスティクスパークなどのインフラを地方自治体などが整備しても、「高速道路から至近」といった理由だけでは、なかなか企業も進出できません。
    もちろん、「景気が上向きで荷動きが活発でなければならない」といった基礎要因も大切です。
    また、近年は消費地にいかにタイムリーに配送できるということも大きなポイントとなっています。
    さらにそれに加えて周辺インフラのしっかりした構築も必要です。
    たんに土地を提供するだけではなく、たとえば、パート、アルバイトの確保、税制面での優遇、産廃処理施設の誘致なども大きな鍵を握ることになります。
    トータルロジスティクスを構築する総合的なインフラ、周辺環境を整えることが重要となっているのです。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    鈴木 邦成

    物流エコノミスト・日本大学教授
    国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
    欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
    国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

     
  • 「ブログ・鈴木 邦成」の 月別一覧

     
  • ブログ・鈴木 邦成」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら