Now Loading...
 
  • ブログ・鈴木 邦成

    静脈ロジスティクスと最終処分場

    2011年4月6日

     
     
     

    原油の高騰
    原油の高騰が続いているのが気になります。
    日本の震災の影響に加え、中東の政治的に不安定な状況が大きく影響しています。
    世界のさまざまな国が大きく揺れているのを感じます。
    廃棄物の最終処分場
    静脈ロジスティクスの最終過程でどうしてもリサイクル、リユースといった再使用のできないものは埋め立て地などに持って行く「最終処分」を行うことになります。
    そして再生利用などを行わない廃棄物の処分を行う場所を「最終処分場」といいます。
    最終処分場には、主に2つの機能があります。
    埋立処分、海洋投入処分などによる廃棄物の貯留機能と廃棄物の安定化、無害化を図る浄化機能です。
    なお、最終処分場のタイプは安定型、管理型、遮断型の3つに分類されます。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    鈴木 邦成

    物流エコノミスト・日本大学教授
    国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
    欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
    国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

     
  • 「ブログ・鈴木 邦成」の 月別一覧

     
  • ブログ・鈴木 邦成」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら