Now Loading...
 
  • ブログ・鈴木 邦成

    災害船舶処理について

    2011年5月12日

     
     
     

    台風1号
    台風1号の発生で関東地方は一時的に涼しくなりましたが、週末は再び暑さが回復するようです。
    節電目的としてのサマータイムの導入を本気で考えるならば、大型連休中がグッドタイミングだったかもしれませんが…。
    災害船舶の処理
    被災車両の処理も大きな課題となっていますが、船舶の処理も容易ではありません。
    国土交通省などは大震災で被災した船舶の処理を進めるガイドラインを取りまとめました。
    移動できる船舶は必要に応じて仮置き場に移動できるほか、外見上明らかに効用を失っている船舶は処分できるなどとしています。
    2002年頃以前に建造された船舶などにはアスベストが使用されている恐れもあります。
    一刻も早い適正処理が望まれます。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    鈴木 邦成

    物流エコノミスト・日本大学教授
    国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
    欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
    国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

     
  • 「ブログ・鈴木 邦成」の 月別一覧

     
  • ブログ・鈴木 邦成」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら