Now Loading...
 
  • ブログ・鈴木 邦成

    ロジスティクス人材育成の方向性

    2011年8月18日

     
     
     

    インターネット環境
    夏休みに自宅のパソコンを買い換えました。
    スマートフォンの急速な普及でインターネット環境が再び大きく変化しようとしている鼓動を感じています。
    物流・人材活用・育成の方向性
    物流経営を考える場合、日々の物流実務から物流センター運営、さらには巨視的なロジスティクス戦略の策定などにいたるまで、その範囲はとても広くなります。
    企業活動における物流の重要性が急速に高まるなか、物流を効率化、高度化することで企業競争のゆくえが左右される時代に突入していますが、同時に物流実務、物流戦略に精通した人材の育成も大きな課題となってきています。
    物流をめぐる環境はここにきて、ますます複雑化、高度化しています。
    そして高いモチベーションと柔軟な思考回路を持ち、的確に物流実務に対処していく人材が求められてもいます。
    物流経営を①戦略マネジメント、②組織マネジメントの2部門に大きく分けて考、それぞれの部門における習熟者を養成していく必要があります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    鈴木 邦成

    物流エコノミスト・日本大学教授
    国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
    欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
    国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

     
  • 「ブログ・鈴木 邦成」の 月別一覧

     
  • ブログ・鈴木 邦成」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら