Now Loading...
 
  • ブログ・鈴木 邦成

    国際物流の基本機能

    2012年10月21日

     
     
     

    読書の秋
    読書の秋ということでなるべく専門に関係ない気楽に読める本を探しています。
    他分野の本を読むことで発想に広がりを持たせられたらと考えています。
    国際物流の機能
    国際物流の基本機能には、輸送(国際輸送)、保管(蔵置など)、荷役(保税地域での荷役など)、流通加工(海外・保税地域など)、包装・梱包(コンテナ・通い箱など)、情報管理(国際貨物の情報管理など)があります。
    国際輸送は大きく、海上輸送、航空輸送、国際複合輸送にわけて考えることができます。
    島国である日本の地域特性を考えると、国際輸送は海運か空運のどちらかということになりますが、その双方を併用するという選択肢も存在するわけです。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    鈴木 邦成

    物流エコノミスト・日本大学教授
    国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
    欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
    国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

     
  • 「ブログ・鈴木 邦成」の 月別一覧

     
  • ブログ・鈴木 邦成」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら