Now Loading...
 
  • ブログ・鈴木 邦成

    さらなるIT化

    2013年3月10日

     
     
     

    加速するIT化
    販売の機会ロスを最小限に抑えつつ、在庫圧縮を実現するには高い精度の需要予測が要求されます。
    リードタイムを短縮し、店頭在庫が多めに発生するのを防ぐ必要があるわけです。
    そのためには店頭情報をリアルタイムでセンターや発注部門にフィードバックするITシステムの確立が必要です。
    店頭で必要とする商品を必要な時間にスムーズかつスピーディーに配達できる体制を構築しなければならないのです。
    そこで売上管理システムなどを中心として商品・物流管理体制に代え、ITを導入し、商品・物流をトータルに管理する必要が出てきているわけです。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    鈴木 邦成

    物流エコノミスト・日本大学教授
    国際政治経済、国際文化に関する造詣が深く、記事・論文・著作多数。
    欧米諸国の地域経済統合の流れを、物流・ロジスティクスの観点から追求している。
    国際物流に関するセミナーやロジスティクスに関する講演会での講師歴は多数。

     
  • 「ブログ・鈴木 邦成」の 月別一覧

     
  • ブログ・鈴木 邦成」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら