Now Loading...
 
  • 運送会社

    凸版印刷 ICタグで住設メーカーの生産履歴を管理

    2008年10月22日

     
     
     

     湯沸かし器や暖房器具などを長年使い続けた結果、事故が発生し、数年前からメーカーによる「回収のお願い」の新聞広告やテレビCMを目にする機会が増えている。このような背景に基づき、住宅設備メーカーは「製品の安全」を確かなものにするために、生産履歴の管理と、販売後のトレーサビリティー体制を確立しようという動きが高まってきている。
     凸版印刷(東京都千代田区)とトッパン・コスモ(同港区)は、ICタグを活用し、この二つを実現するソリューションを開発した。


    toppankosumo4.jpg
     システムが導入されたのは、TOTOブランドのシステムキッチンや洗面化粧台を生産しているTOTOハイリビング(千葉県茂原市)の茂原工場。ICタグを活用し、原材料の一つである「化粧板」の在庫状況を管理する。材料が入庫した際に、入荷日や品番、ロットナンバー、在庫枚数をタグに書き込み、倉庫に保管。材料が投入されると、返却時に残り枚数などのデータ書き換えを行う。タグ情報はデータベースと連携しており、リアルタイムでの在庫把握が可能だ。
    toppankosumo3.jpg
    資材にリアルタイム情報が書き込まれたタグを貼付
     コスト面でのメリットも。ICビジネス本部RFIDソリューション部の成田康雄係長は、「正確な在庫管理により、適切な量を投入することができるため、在庫の削減が実現する」と説明する。また、「ICタグ表面の書き換えは500―1000回程度可能。初期投資はかかるが、書き換えるごとに紙を1枚使うのに比べれば、タグを繰り返し使うことでコストメリットも出てくる」という。
    toppankosumo1.jpg
    成田氏
     今後は在庫の把握だけでなく、生産工程にまで管理の範囲を拡大していく予定だという。これにより、「どの製品に、どの製造ロットの原材料を使ったのか」を確認できるトレーサビリティーが確立され、万が一製品事故が起こった際も、その後の回収や修理も迅速に対応することが可能になる。
     なお、09年4月からはメーカーに対し、指定製品について所有者情報を保有するよう求める「点検制度」が開始される。同係長は、「ゆくゆくは最終製品へのタグ貼付にまで発展させていきたい」と意気込む。
     同システムは9月に本格稼働した。導入効果をデータとして算出するには、まだ時間がかかるが、「現場からは良い評価をいただいている」。今後、TOTOハイリビングは国内の他工場にも導入を進めていく。また、凸版印刷は、同様のソリューションを住宅設備メーカー向けに展開していくという。
     同社HPは、http://www.toppan.co.jp/

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「運送会社」の 月別一覧

     
  • 運送会社」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら