Now Loading...
 
  • 運送会社

    三菱化学 太陽光発電の冷房システム搭載車を公開

    2009年10月28日

     
     
     

     三菱化学は22日、太陽光発電によるトラック運転室内の冷房システムを搭載した試作車両を公開。現在、開発中の薄膜太陽電池を利用し、太陽光エネルギーを冷房の電源に変換する。小安幸夫商品企画部長によると、冷房性能は「外気温に対してマイナス10度の温度を維持できる」。
     アイドリングストップによる燃料の削減とCO2排出量の削減が可能になる。2012年度の実用化をめざす。


    1028pu2.jpg
    冷房システムを搭載した試作車両
     薄膜太陽電池は「薄くて軽量」なのが特長。トラックの荷台の上部に搭載し、太陽光エネルギーを得ると直接、冷房のエネルギー源にする仕組み。バッテリーを経由せず、車両への負担も少ない。
     同電池と蓄電池、冷房機で構成され、重さは150kg程度だが、「今後、軽量化は可能」という。
     春から秋に行った実証実験では、「10t車1台あたり約460Lの燃料を削減、2─8%の燃費改善に相当する」結果を得た。実勢価格は50万円程度をめざす。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「運送会社」の 月別記事一覧

     
  • 運送会社」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら