Now Loading...
 
  • 運送会社

    AZUMA 上田裕子社長 熊本地震から1年

    2017年5月19日

     
     
     

     【福岡】熊本地震発生から1年余が過ぎた。被害の大きかった益城町では全世帯の半数を超える、およそ7400世帯が被災。町内18か所の仮設住宅や、みなし仮設で2900世帯・7700人が避難生活を続けている。いまだに崩れ落ちた家屋がそのままの状態で放置されており、地震が地元に与えた影響は大きい。
     AZUMA(上田裕子社長、上益城郡嘉島町)も熊本地震により被害を受けた事業所の一つ。
     昨年4月14、16日と続いた震度7の地震、さらに小規模でも慢性的に続いた揺れの影響で、事務所が建っている地盤に傾斜が出来てしまったという。


    051407.jpg
     それが原因で、「応接室にある、こま付きの椅子がひとりでに部屋の端へ流れていってしまう」と同社長は苦笑するが、「地震の影響は今も残っているが、日々出来ることを確実・迅速にこなしていくことが大事」と前向きな姿勢を見せる。
     同社は災害時、自らも被災しながら緊急物資を送り届け、2月に九州運輸局から功労者として感謝状を贈呈されている。
     一方、九州自動車道の益城熊本空港IC―嘉島JCTでは地震の影響で、盛り土のり面の崩落により路面が陥没。片側1車線の対面通行が続き、「終日の車線規制で朝夕は10キロ以上の慢性的な渋滞が発生していた」と熊ト協の吉住潔専務は振り返る。
     NEXCO西日本九州支社によると、同区間の復旧工事が4月28日までにおおむね完了する予定で、地震前の4車線に復旧できる見通しだ。
     地震発生から1年が経過し、まだまだ震災の爪跡が残る熊本だが、道路の復旧など、徐々に地震前の日常の姿を取り戻しつつある。
    ◎関連リンク→ 株式会社AZUMA

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「運送会社」の 月別一覧

     
  • 運送会社」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら