Now Loading...
 
  • 運送会社

    鶴見グループ 事故防止総決起大会、無事故継続へ意識高揚

    2018年2月2日

     
     
     

    【大分】鶴見、鶴見運送、鶴見運輸倉庫からなる鶴見グループ(三浦政人社長、別府市)は1月4日、第21回事故防止総決起大会を開催した。

    同大会は、『プロの意識と誇りで事故・災害ZEROエンドレス チャレンジ 前進!』と題し、サブスローガンに「物流品質の向上と安全運輸で、築く信頼!」を掲げて実施された。

    三浦政人社長は、「あおり運転等防止のため、常に自分に言い聞かせ、平常心でハンドルを握ることが重要」とした上で、「休み明けの事故増加を踏まえ、休日の過ごし方や翌日の仕事について真剣に考えて頂きたい。元気な顔で職場に来て頂き、元気に仕事ができる環境作りに取り組んで行きたい」とあいさつ。

    また、鶴見グループ全体で約4年に渡って人身事故ゼロを達成したことから、21年間無事故の北島辰美さんを含む59人が無事故歴表彰を受けた。

    さらに、運輸安全マネジメント事業の取り組み説明では、後藤栄次リーダーが代表して報告した。

    「チーム発表」では、鶴見グループ内の部門別に編成した8チームが、「昨年度の振り返りと本年度の事故防止対策と目標」について発表。

    その後、交通安全宣言を参加者全員で唱和して閉会。参加したドライバーからは「新年の第一歩、安全運行のための総決起大会で身が引き締まった」とコメント。

    ◎関連リンク→ 株式会社鶴見

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「運送会社」の 月別一覧

     
  • 運送会社」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら