Now Loading...
 
  • 運送会社

    西大寺運送 ユニフォームを新調

    2018年8月31日

     
     
     

    【岡山】「創業60年を迎えた5年前に長袖のポロシャツとズボン、ジャンパーの3点を新調した」(入倉栄作社長)という西大寺運送(岡山市東区)のユニホームは3代目。コーポレートカラーである緑・赤・白の3色を採り入れるとともに、「荷物が当たって汚れやすい部分は紺色にした」(同)という。ジャンパーの肩口には「Next Step 100th」と、100年に向けたメッセージも記されている。

    デザイナーを入れ、内勤者と年代ごとに選ばれたドライバー、女性運転者も加わってデザイン性と安全面、機能面から意見を出し合って作り上げた。社長は最終チェックで口を挟んだ程度というが、求めたのは「遠くからでも一目で(西大寺運送と)わかるように」という一点。

    「デザイン性のあるユニホームが若者ウケするのは間違いない。面接時に制服のことも聞くようにしているが、基本的に業界の未経験者を採用することもあってか、知っているという反応は4割程度。とはいえ、ちょっとしたブランディング効果はあるのでは」と社長。会社ホームページのリニューアルと同様に、「10年に1回くらいの感じで変えることができたら」と話している。

    ◎関連リンク→ 西大寺運送有限会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「運送会社」の 月別一覧

     
  • 運送会社」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら