Now Loading...
 
  • 運送会社

    カーレントサービス 京南運送を子会社化、EC物流事業の競争力を高める

    2018年10月19日

     
     
     

    【東京】カーレントサービス(保坂高広社長=写真右、大田区)は、8月21日付で京南運送(吉田智重社長=同左、品川区)の株式をM&Aで取得、子会社化した。

    保坂社長はM&Aを成長戦略の根幹としつつも、今回のM&Aについては、「友好的な関係を目指し、買収先とのコミュニケーションに時間をかけた」と話す。今後は買収先環境の改善と共に、利益を計上していきたいとしている。

    京南運送は創業67年の歴史を持つ会社で、精密機械と重量物を中心に金属部品や木鋼材も含めた幅広い取り扱いを行ってきたという。

    同買収により、カーレントサービスは21台の特殊車両と神奈川県相模原市、埼玉県川越市にある2か所の倉庫、および山梨県韮崎市にある車両拠点を新たに取得。倉庫拠点の立地の利点を生かし、デリバリー力を強化したEC物流事業の競争力を高めていくとしている。

    また、山梨県に車両拠点を構えることで、現在、同社の中心事業である精密機械製造装置の組み立て事業の全工程を網羅し、顧客のサプライチェーンに大きく貢献することが可能となる。同社では、買収により輸送・組み立て・据え付け・倉庫オペレーションの事業分野を強化し、一層、顧客基盤を盤石にできるとしている。

    一方、京南運送は同社のワンストップソリューションサービスを活用することで、事業領域の拡大と顧客基盤の強化を実現することが可能となる。京南運送の強みである輸送事業にカーレントサービスの強みである据え付けや組み立てサービスのノウハウを結合することで、クライアントのより幅広いニーズに対応することが可能になるとしている。

    ◎関連リンク→ 株式会社カーレントサービス

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「運送会社」の 月別一覧

     
  • 運送会社」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら