Now Loading...
 
  • 運送会社

    新規事業も積極的 大橋運輸

    2007年6月29日

     
     
     

    【愛知】大橋運輸(瀬戸市)の鍋嶋洋行社長が、最も大切にしているのが「ES(Employee Satisfaction)」、つまり従業員満足。同社は、「ES推進室」のメンバーを中心に、従業員が働きやすい環境づくりに力を注いでいる。
     ES推進室は、餅つき大会などの社内イベントを開催するほか、手作りの社内報を月に1度発行。各営業所に配布することで、「本社の様子や他の営業所の動向が分かる」と、評判は上々だという。社内報でひときわ目をひくのが社員が語る「私の夢」コーナー。同社長は、「夢があれば、いざという時に踏ん張れる」とし、「社員1人ひとりが夢を描ける会社にしたい」というビジョンを掲げている。


     また同社は、遊休地をコンビニや病院に転用するといった不動産事業も展開。さらに、新規事業として、同市内に女性専用岩盤浴「Roca stone spa」を昨年12月にオープンした。「2年間を費やして独自に研究を重ね、ようやく納得のいくものができた」(同社長)という同施設は、細かな配慮も万全だ。「保育園や病院が多く、働く女性が多い」(同)という同市内で、新たな「癒し」のスポットとして、すでに多くの女性リピーターを獲得している。
    ohasi2.jpg
     これらの新事業で得られた収益は、「社員教育の費用などに充てることで、ESのさらなる向上を目指す」と説明。ほかにも、「経営革新支援」の認定を受けるなど、経営の効率化に余念がない。
     「営業回りをするのではなく、利益を上げられる『仕組み』を作るのが経営者の仕事」と鍋嶋社長。「ESがCS(顧客満足)を生み、最終的に利益につながる」。ここ数年、取引先などをあえて絞り、「社内の充実」に力を入れてきたが、効果を発揮しつつある今、「物流の『パートナー』として仕事ができる企業を中心に、取引先の拡大も検討していきたい」と話している。(村上千秋記者)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「運送会社」の 月別一覧

     
  • 運送会社」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら