Now Loading...
 
  • 運送会社

    中古トラック「JATクラブ」国内最大級の在庫情報へ

    2007年11月28日

     
     
     

     中古トラック市場でインターネットによる革新的なビジネスサイトが動き出す。
    オリエンタルシステム(松下喜彦社長、大阪市天王寺区)が管理・運営する「JATクラブ」は、全国でネットワーク化した商用車の販売業者から中古トラック情報を一元管理する情報共有システムを構築し、12月1日から本格的にスタートする。
    中古商用車を扱うサイトとしては日本最大級で、現在約1,000台の在庫情報を提供しており、2万台の在庫情報の提供を目指している。


    jat2.jpg
     JATクラブが開発したシステムには、全国の販売業者である加盟店が保有する在庫をデータベースに登録し、インターネット上で車両情報を配信、共有している。運送事業者などの一般ユーザーはJATクラブのサイトを通じ、豊富な車両情報を閲覧し、最適の車両を選択することが可能。
     サイトの特徴としては、メーカー、車種、形状、年式から仕様に至るまでの絞り込み検索ができる。車両1台につき様々な角度から判別できる写真10枚~20枚を掲示。車両本体や架装物の細部にまで詳しい情報を掲示しており(約50項目以上)、大量のストック情報データベースからユーザーのニーズに合った的確な車両を探すことができる。
     サイト内で希望商品があれば、問合せフォームに書き込んで送信を行い、間もなく顧客の最寄りの加盟店より連絡が入り、商談に移る。サイトからの車輌売却依頼も可能で、売却依頼では、見積もり依頼フォームに必要事項を書き込んで送信すれば、最適な加盟店より連絡があり、査定を行ってくれる。また、購入車については車両に対してエンジンとトランスミッションに対し走行距離5,000km未満で、且つ3か月以内の保証が付いており、アフターケアも充実させている。
     この中古トラックのインターネットビジネスについては自治体や行政も支援に乗り出しており、今年2月には大阪府から将来性のあるベンチャー事業として「経営革新」の承認を受け、また、経済産業省が進める「異業種新連携」も承認を受けるべく申請中という。
    jat4.jpg
     松下社長は、「JATクラブは中古トラック市場の流通革命ともいえるサイト。目標は全国で300社を超える加盟店の協力により国内最大の在庫情報の提供を行うことができる。豊富な車輌情報をベースにお客様満足度の向上に貢献していきたい」と抱負を語っている。
     
    JATクラブのURLは、http://www.jatclub.com

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「運送会社」の 月別一覧

     
  • 運送会社」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら