Now Loading...
 
  • 製品・IT

    日野自動車 長期リース車対象「メンテ管理システム」開始

    2008年11月10日

     
     
     

     日野自動車は10月から、長期リース車両を対象とした「メンテナンス管理システム」を開始。管理車両の契約やメンテスケジュールを「見える化」し、効率的で確実な予防整備を行う。
     リース車両の管理システムは、リース会社が独自に構築することはあったが、メーカー主導では国内初となる。新車販売が伸び悩む中、トラックのリース需要が拡大すると見込んでいる。


     同社部品・サービス部の南保勇太氏によると、「リース車両の契約は、車両ごとに走行距離や車検入庫日などがバラバラであるため、整備スケジュールも異なる」。現在、販社が行う車両の管理方法は、「エクセルや手書きで行われるケースが多いが、内容が複雑で管理が難しい」という。
     新サービスは、それをシステム化してインターネットを通じてメーカーと販社、顧客(エンドユーザー)の三者間で、メンテナンス予定や実績を共有。ユーザーは、車両の稼働率アップにつなげることが可能となる。
     具体的な機能は、(1)契約や車両の管理、(2)メンテスケジュールの管理、(3)メンテ実績照会、(4)売り上げ・入金管理──など。ユーザーは利用登録すれば、メンテスケジュールなどを照会できる。未実施・当月実施予定・来月実施予定と、重要度を色分けして表示。一部の販社ですでに導入しており、今後、さらに普及させる方針だ。(松宮志暢)
    ◎関連リンク→日野自動車

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら