Now Loading...
 
  • 製品・IT

    簡単施工のコンクリート補修材 壁面・床面、駐車場などに

    2008年11月13日

     
     
     

     家庭用塗料やホームケア用品を製造販売するアサヒペン(大阪市鶴見区)と、業務用セメントを手掛ける住友大阪セメントが、共同で高品質・高性能な「コンクリート補修材」を開発、全国のホームセンターなどで販売している。


    asahipen1-3.jpg
     同商品はシリーズ化され、このほど第2弾がリリース。使用範囲を広げた商品で、コンクリートやアスファルトの補修材もラインナップされており、同社営業企画部販売促進課長の内田弓束氏と同販売課の江川典宏氏は「家庭周辺から倉庫の簡単な補修や駐車場の補修まで幅広い用途に応えられる」と話す。
     業務用セメントで実績と信頼を誇る住友大阪セメントの技術をベースに、アサヒペンの家庭用のコンセプトのもとで、一般の人でも使用しやすく、高性能樹脂を用いることで耐久性や硬化時間短縮などを図り、作業性を高めている。両氏は「従来のセメントは枠を作り、そこに流し込むという作業が必要だったが、樹脂を混ぜることで粘土状になっており、コテだけで角が作れるために時間がかからない」と説明。
     倉庫や工場の壁面や床面には、「超速硬・多用途高給樹脂セメント」が最適という。コンクリートやモルタル、レンガのひび割れや穴、欠けに使用可能な万能タイプ。水を混ぜるだけで使用するもので、1缶の施工面積は10mm厚仕上げで約20平方mが可能。夏場で約15分、標準期は約30分、冬場は約60分で硬化する。「コテさえあれば誰でも簡単。超速乾タイプで、耐久性や密着性が優れている」と説明。
     また、駐車場などのアスファルト補修材として、「超高速硬化・アスファルト補修材キット」があり、深い穴やへこみなどが補修できる。粗粒タイプと密粒タイプの2種類で、1缶の施工面積は25mm厚仕上げで約6平方mが可能。
     施工後は、夏場で1時間、冬場は2時間で車両が通行できる。アスファルトのひび割れ(5mm幅以下)には、流しこむだけの補修材もある。
     さらに、水を使わず超速硬セメントをペースト状にし、チューブに充填している「タッチアップセメント」も同シリーズから販売。「コンクリートの表面をすばやく簡単に美観回復ができる商品で、置換型水和機構という技術で開発した。今までにない商品」と説明。
     両氏は「アスファルトは別だが、塗料メーカーとして製造しているので、シリーズ全商品に塗料が塗れる。全てのシーンに対応できるよう今後も新たなシリーズを増やしていく」と語る。
    asahipen1-2.jpg
    説明する内田氏(左)と江川氏
     問い合わせは、電話・東京03(3846)9545番、大阪06(6934)0300番まで。(山田克明)
    関連リンク → アサヒペン住友大阪セメント

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら