Now Loading...
 
  • 製品・IT

    防爆仕様の構内運搬車 西尾レントオール

    2010年3月2日

     
     
     

     石油化学工場や石油・天然ガスの備蓄場所、塗装工場などに、防爆仕様の構内運搬車「NMT600P─T1」を販売・レンタルする西尾レントオール(大阪市中央区)。


    0302nishi.jpg
     「気軽に使える便利で安全な車両」をコンセプトに掲げており、構内で防爆エリアと非防爆エリアの行き来が可能で、人と機材の移動を安全に結ぶ交通手段に役立てられている。社長室の吉田裕一氏は「第二類危険個所を含めて構内を自由に走行ができる」と語る。
     総合レンタル企業として建築業界をはじめ産業界などに商品を提供する同社は、レンタルユーザーから「防爆対策が必要な場所と安全な場所をまたいでの移動ができ、安心して物の運搬に使える車両はないのか」との声をもとに製造に着手。「手探り状態から約3年越しで完成に至った」と説明する。
     現場の声を反映し製造された同運搬車は、CO2を排出せず環境に優しいバッテリー式。高い旋回性能を得るため3輪仕様となっており、最小回転半径は2960mm。さらに、けん引装置付きで、吉田氏は「発火源とならないよう配慮した、高強度アルミニウム製のけん引フックを採用している」と説明する。
     連続走行時間は、フル積載50%稼働時で6時間以上となり、通常使用は8時間から10時間以上と、充電による作業ロスの軽減が図れる長時間の使用が可能だ。走行速度は積載時で8kmとなり、無負荷時は10km。乗車定員は2人で、最大積載量は600kg、最大牽引量1000kg。
     同氏は「ユーザーが防爆仕様の運搬車を求めた時でも、防爆に対する様々な検定があるため、設計から合格まで1年半かかる。販売に至るまでは2年越しになるため普及しない背景があった」と説明し、「レンタルできることを視野に入れれば利用者の裾野が広がる。危険個所を含めた工場や倉庫など構内の人的、物的移動手段として活用してほしい」と語る。
     問い合わせは、電話06(6251)7302番。
    ◎関連リンク→ 西尾レントオール株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら