Now Loading...
 
  • 製品・IT

    昭和情報機器 フォーク搭載型UHFリーダ「IV7」

    2010年9月13日

     
     
     

     昭和情報機器が販売するフォークリフト搭載型UHFリーダ「IV7」。
     同製品は、フォークリフトのバックレスト部にUHFリーダとアンテナを取り付けて使用。パレットやパレット積み荷物に貼付されたICタグを一括で読み取ることができ、業務の大幅な効率化が実現する。
     米・インターメック社製の同製品は、堅牢設計が特徴。IP65に準拠する防水・防塵性能に加え、優れた耐振動・衝撃性能を誇る。


    0911s.jpg
     アンテナはリーダ1台につき4基まで搭載することができ、それぞれに異なる役割を持たせることも可能。アンテナの指向性を調整することで、フォークで扱う荷物以外に、読み取り範囲内にある棚やドアを認識させることもできる。
     価格は、「IV7」(リーダ)単体が48万円。アンテナ等も含めた標準構成例は65万9000円から。
    なお、同社は明日から始まる「国際物流総合展2010」に出展している。
    ブース番号は5−232。
    ◎関連リンク→ 昭和情報機器株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら