Now Loading...
 
  • 製品・IT

    ウェルキャット 中出力UHF帯に対応したHTを発売

    2010年9月22日

     
     
     

     ウェルキャットは、中出力UHF帯RFIDに対応したハンディターミナル『XITー160ーBRーC』の発売を開始した。
     「RFID本来の性能を発揮できる機会がいよいよ到来した」と語る同社RFID営業部の石川剛部長に話を聞いた。
     これまでUHF帯では、高出力型と低出力型が使用されてきたが、前者は読み取り距離は1m以上と長いが使えるエリアが限られ、後者はどこでも使えるが距離が10cmと短いなどそれぞれ一長一短があった。


    09098.jpg
     このため、物流業界では、パレットやコンテナの管理など一部でしか活用されておらず、普及に弾みがついていない。石川部長も、「RFIDは本来、サプライチェーン全体で活用しないとメリットが十分に享受できないものだが、これまでは制約の影響もあり、限られた用途でのみ活用が進んでいた」と説明する。
     今年5月の改正で使用できるようになった中出力型は、使用エリアを問わず、公道などを自由に持ち運ぶことが可能。「これまでは拠点ごとに対応するハンディターミナルを置かなければいけなかったが、機器の移動が可能になったことで、1台を複数拠点で活用できる」。例えば、「ドライバーが積み込み時に使用したハンディを、荷下ろし先でも検品で使用できる。事業所ごとに専用機を置く必要がなくなり、利便性が格段に向上する」という。
     同部長は、「タグの単価も下がっており、将来的には個品管理での使用も十分に考えられる。今回の改正は業界にとって追い風。RFIDの能力が発揮できる舞台が整ってきた」と付け加える。
     同社が発売した中出力タイプのUHF帯ハンディターミナルは、「クラス最小・最軽量」を実現しており、独自形状のアンテナで、タグの向きに関わらず良好な読み取り特性を確保。コンパクトでありながら「150cmもの長距離読み取りが可能」という。また、「複数タグを高速かつ一括で読み取ることができ、検品や棚卸の作業効率を大幅に改善する」。小型アンテナも装備しており、短距離読み取りもできる。
     なお、バーコードスキャナも装備しているため、用途に応じてバーコードとICタグの使い分けが可能。読み取ったバーコードデータをICタグに書き込むこともできる。同部長は、「物流業界での用途も広がるはず。ぜひ、活用してほしい」と語る。
    ◎関連リンク→ 株式会社ウェルキャット

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら