Now Loading...
 
  • 製品・IT

    丸紅情報システムズの冷凍・冷蔵倉庫向けWMS

    2010年9月24日

     
     
     

     丸紅情報システムズ(MSYS)の営業冷蔵倉庫管理システム『MIMERIT(マイメリット)』は、冷凍・冷蔵倉庫業界で導入実績ナンバー1を誇る。同社では、冷凍・冷蔵業界向けのWMSとして30年以上前から開発を続けており、1000システム以上の納入実績を持つ。
     パッケージシステム事業部の吉田敏徳事業部長は、「長年、冷凍・冷蔵という業種に特化して開発を続けてきたことで、新規案件でも過去の事例を活用できるため、開発期間が短縮でき、立ち上げスピードが速い」と胸を張る。また、「多くの荷主と倉庫会社とのデータ連携の実績が豊富にあり、それらを流用できるのも強み。結果的にコストの圧縮につながる」と付け加える。


    090911.jpg
     同社では物流以外にも幅広くシステム開発を展開しているが、WMSの開発ではSEは専任制。また、「営業担当者も業界の共通言語や慣習に精通しているため、初回の打ち合わせであってもスムーズに進められる」。「WMSの機能も一般的に必要とされるものは網羅しているため、『提案』というよりも不要な機能を聞いていくような感じで進めている」とし、「もちろん新機能の提案にも意欲的に取り組んでおり、システムは進化し続けている」と語る。
     同WMSは、保税、通関、不定貫の管理機能やEDIなどの倉庫管理業務に包括的に対応。マテハンやハンディとの連携機能ももちろんある。ユーザーの予算、要望に応じて、モジュール単位でシステムを組み合わせることができ、自在なシステム構築を実現する。使用言語はCOBOLとVB。「COBOLは『変えないでほしい』というユーザーが多いため継続している」という。
     豊富な機能を取り揃えているが、なかでも賞味期限管理機能が充実。最終出荷賞味期限日が登録されている場合、その日よりも過去の期限日を持つ貨物を入庫しようとした場合、警告メッセージを表示する。同機能が優れていることから、「冷蔵倉庫だけではなく、常温の営業倉庫からの引き合いも来ており、導入実績も増えている」という。
     吉田部長は、「物流会社は荷主企業の要望を満たさなければ仕事は取れない。我々は物流会社側に立ち、荷主からの無理難題に応えられるよう全力でサポートさせていただく。自社の情報システム部門と考えてほしい」と語る。
    ◎関連リンク→ 丸紅情報システムズ株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら