Now Loading...
 
  • 製品・IT

    タイムブレイン 「どらい番」で乗務員を一元管理

    2012年5月11日

     
     
     

     物流総合サイト「J Truck.net」(以下ジェイトラ)を運営するタイムブレイン(友景昭隆社長、山口県防府市)はこのほど、会員向けのサービスとして、ドライバー管理に特化した専用システムの提供を開始した。毎月の指導記録やエコ運転講習記録などと乗務員台帳を合わせた「どらい番」は、ジェイトラの無料会員に登録すれば最大で30日間の無料体験ができるという。


    051001.jpg
     「管理部門の人員を増やす余裕はないものの、日々の乗務員管理の手を抜くこともできない。いったん事故が発生すれば、直ちにドライバーの管理状況などを問われることになるが、事務所でホコリを被っている台帳も少なくないうえ、関係書類がバラバラになっているケースも珍しくない」と友景社長。「どらい番」を使うことで、法が求める乗務員管理の必須項目を一元管理できると説明する。
     所属など、ドライバーの情報に加えて個人情報、また免許証の管理や毎月の指導記録、事故記録、健康診断履歴の記録などが可能。最新のクラウドシステムのため、総務だけでなく現場の運行管理者など各部署間で情報が共有化できる。必要な情報だけを出力できるほか、写真付きの乗務員台帳として印刷することも可能。
     データベースの初期設定費用を含め、ソフトウェア代は20万円以下と安価に設定。利用本数は無制限で、必要なユーザー数だけダウンロードして使用できる。また、毎月の管理費はドライバー1人につき100円換算で、50人の設定(最低枠)なら月額5000円となる。
     「どらい番」の利用を希望する会員および、ジェイトラに関する情報は同社ホームページから。
    ◎関連リンク→ J Truck.net

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら