Now Loading...
 
  • 製品・IT

    関西紙工 緩衝材「クイックパック」軽量で全ての形状に対応

    2012年4月27日

     
     
     

     環境に優しく低コストの梱包資材の製造販売をする関西紙工(大阪府柏原市)は、そのノウハウを生かし輸送時の荷崩れを防止できる緩衝材「QUICK PAK(クイックパック)」を販売している。


    041805.jpg
     クイックパックは、軽量で簡単に膨らませ様々な用途の緩衝材に使用できることから人気を集めている。
     クラフト紙の内側にポリエチレンクロスと気密性が高い特殊多層プラスチックフィルムを採用して耐久性を追求した設計。専用クイックガンで特殊多層プラスチック内に空気を注入するだけであらゆる荷物の形状に対応できる画期的な商品だ。
     また、空気の入れすぎによる緩衝材の破裂を防ぐため、専用ガンには緩衝材の空気の量が限界になると空気が入らなくなるように設計。さらに、専用ガンを注入口から抜けば自然に口が閉まる扁平広幅逆止弁を採用することで空気漏れをなくし、作業効率の短縮を実現している。
     重さもわずか1kgほどで誰でも手軽に使用できる。営業部の新田祐二課長は「空気も30秒ほどで注入できるので、作業時間もあまりかからず様々な用途に使用できる」と説明する。
     商品の大きさは、横幅が520〜1050mm、縦1000〜2300mmまで対応可能。専用クイックガンは同製品を1ケース購入すれば無償で貸し出しが可能だ。
     オーダーメイドで荷物の形態やそれぞれの現場に合わせた商品の製造から販売もしている。同課長は「これからも環境に優しく物流コストの削減ができるいい商品を販売していきたい」と話す。
    ◎関連リンク→ 関西紙工株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら