Now Loading...
 
  • 製品・IT

    オカバグループ キルティング資材に撥水機能

    2012年4月10日

     
     
     

     引越業界で梱包や養生で広く使われているキルティング資材。岡葉流通(東京都足立区)では、この梱包資材に画期的とも言える強力な撥水加工を施した新製品「エコパット」を開発、この2月に発売へと漕ぎ着けた。
     自らの現場経験をもとに開発の陣頭指揮を執った同社の岡山良次社長(写真右)は、「毛布に比べると伸縮自在のキルティング資材は格段に作業性が増すが、水に弱いことが弱点だった」と開発の経緯を説明。「引越の繁忙期は雨も多いが、この製品を使って頂ければ安心して運べるため、現場で喜んでもらえるはず」と胸を張る。


    0410okaba01.jpg
     今回発売した同製品は、キルティングに優れた撥水加工を施した「雨に強い」素材を採用。生地が水を吸い込むことはなく、雨の日も荷物を水から保護する。販売を手掛けるオカバ(同)の山﨑俊之営業本部長(同左)は、「現場ではどうしても作業が優先。雨などの水が荷物にかかるのを気にかけはするものの、なかなかケアしきれていないのが現状」とし、「作業を側で見る顧客からすれば濡れないか不安なはず」と指摘。このため、「撥水加工の梱包資材を使うことはセールスポイントにもなるはず」と付け加える。
    0410eco.jpg
     裏面の生地はポリエステル100%で両面使えるリバーシブル仕様になっている。「作業の途中で雨が降ってくることもあるが、そんな時でもさっと裏返すだけで対応できる」とし、「晴天の日は裏地を、雨が心配なときは表地をと使い分けてもらえれば、長く使うことができる」とも。
     丈夫で繰り返し使え、現場のゴミも軽減されるため環境に優しい。作業性は従来の製品と同じだが、水をはじくことから防汚性能も高く、「水と汚れに強い」という付加価値を付けたエコな梱包資材と言える。岡山社長は、「毛布や普通のキルティング資材しかなかったこの業界に、新しい風を吹き込みたかった」とし、「引越事業者の方からは、『なぜこのような製品が今までなかったのか』と不思議がられることもある」と笑う。
     同部長も、「荷台の中が濡れていたり汚れていたりするケースもあるが、それらのリスクからも荷物を守ることができる」とし、「引越以外にも、精密機器や医療機器など、水に弱いものを運ぶ際に活用してほしい」と提案する。
     価格はMサイズが1枚7000円、Lサイズが同8500円でいずれも10枚セットで販売する。ラインアップには、撥水機能を持たないリーズナブル版として、リバーシブル仕様の「ハイパット」も揃えている。こちらはMサイズが1枚4500円、Lサイズが同5500円。
     岡山社長は、「今は『運べば良い』という時代ではないため、質の良い引越を実現するためにも、高機能な資材を使っていただきたい。一度体験していたければ、手放せないものになるはず」と語る。
     いずれの製品もオカバが手掛ける物流資材のネットショップで購入できる。
    ◎関連リンク→ オカバグループ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら