Now Loading...
 
  • 製品・IT

    日本ソリュース 大型商品の梱包に「プラネジ」を提案

    2012年6月1日

     
     
     

     梱包資材の開発から製造を手掛ける日本ソリュース(大阪府茨木市)はダンボールなどを張り合わせて固定する「プラネジ」を代理店販売している。
     同社は通常のダンボールでは梱包が難しい大型の商品用に「プラネジ」の使用を提案している。松岡清室長は「ダンボール梱包の組み立て時に最適の商品。特に通常のダンボールでは対応できない大型商品の梱包に使える」と話す。


    052815.jpg
     従来のダンボールを張り合わせる針金式(ステッチ)とは違い、プラスチック製でネジのように使え、現場ですぐに使用できるよう設計されている。通常のダンボール梱包は専用の針金で固定するが、固定することでかさばりスペースが必要になる。同製品は、現場でダンボールを組み立てることで資材の保管や配送時のかさばりを軽減できる。
     誰でも簡単に使用でき、専用のネジ回し(ピット)で固定するとステッチと同等の強度も保てるほか、専用のピットがなくてもコインや六角でも取り外し可能。さらに取り外してからも何度でも使用でき環境にも優しい。
     松岡室長は「様々な場面で使用できる。梱包時のPPバンドを掛ける手間も省けて作業効率も上がる」と話す。
     同製品は、長さ20mm、材質はナイロン製樹脂を使用。「梱包改善の一つのツールとして使用していただきたい。これからも梱包用途が広がる便利な商品を提供していく」と意気込みを語る。
    ◎関連リンク→ 株式会社日本ソリュース

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら