Now Loading...
 
  • 製品・IT

    尿素水のオプティ エコツーライト「どんどん相見積もりを」

    2013年5月24日

     
     
     

     「どんどん相見積もりをしてほしい」。こう話すのはJIS規格に則った尿素還元水「エコツーライト」の製造・販売を手がけるオプティ(三重県川越町)の猪野栄一社長。同社では1Lあたり59円で販売している。
     販売を始めた2011年当時、尿素還元水の平均価格が100円程度だったことを考えると衝撃的な価格だが、猪野社長によれば「それまでは製造原価にさまざまな権利が上乗せされた価格設定だったから」と理由を説明。高価格がゆえに水で薄めて使用する会社も存在したことから、負担にならない価格設定とした。


    0521-6.jpg
     エコツーライト登場以来、代理店数は急激に増加。同時に尿素還元水の平均価格も下落していった。しかし、販売エリアがない地域では依然として高価格で販売されているという。猪野社長は「たとえ、エコツーライトを使う予定がなくても、ぜひ相見積もりを取ってほしい。そうすればもっと価格は下がるはず」と訴える。実際、名古屋市港区の運送会社では大手メーカーの尿素還元水を使用しているが、担当の営業マンにエコツーライトへの変更をほのめかしたところ、価格が80円から10円以上も下がったという。
     「当社は運送業界に支えられて運営できている。運送業界にとっていいことであれば、どんどんエコツーライトの名前を使ってほしい」と語る。
    ◎関連リンク→株式会社オプティ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら