Now Loading...
 
  • 製品・IT

    日本サムスン 業界最高効率のLEDを展開

    2013年7月18日

     
     
     

     日本サムスン(東京都港区)は今春、高効率の直管型LEDランプ「Sー140シリーズ」を発売。同製品は、140ルーメン/Wという業界最高効率を実現。既存の蛍光灯と比べ、約65%の省エネが可能になるという。
     LEDグループの城戸良行課長は、同製品開発の経緯について「サムスンはLEDチップから完成品まで自社で研究開発・生産を行っており、その最先端の技術力の象徴として開発された。Hf蛍光灯とほぼ同寸法で電源を内蔵し、さらに軽量化を実現した」と特徴について説明する。


    061817.jpg
     既設の蛍光灯電源をカットし、AC直結工事を行う必要があるが、蛍光灯用照明器具をそのまま流用してLED照明へのリニューアルが可能。同社では、既存の蛍光灯と置き換えた場合に約2年で償却が可能と試算している。
     高効率タイプは600mm(8.1W)、1200mm(15.4W)、2400mm(30.7W)の3タイプ、高出力タイプは1200mm(18W)、2400mm(40.4W)の2タイプをラインアップ。それぞれ色温度も用途に合わせて選ぶことができる。価格は、希望小売価格1本1万500〜2万3100円(取付工事費別途)。
     物流センターや倉庫での活用について同課長は、「十分な作業可能照度を維持しながら、電気料金節減が可能な直管型LEDランプが誕生した。効果的な設備投資をサポートするので、ぜひご検討いただきたい」とアピールする。
    ◎関連リンク→ 日本サムスン株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら