Now Loading...
 
  • 製品・IT

    ジェフコム 簡単にランプ交換・コスト削減

    2013年12月25日


    Warning: file_get_contents(https://graph.facebook.com/v2.7/?id=https%3A%2F%2Fweekly-net.co.jp%2Flogistics%2F16465%2F&access_token=1717908261793858|L_psnS3KzzYizptWAutP4ZfvbbY): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/weeklynet/weekly-net.co.jp/public_html/wp/wp-content/themes/weekly/tmp_sns.php on line 18
     
     
     

     電気工事用工具の開発から販売を手掛けるジェフコム(大阪府東大阪市)は、倉庫の天井照明器具などを誰でも簡単に交換ができる「ランプチェンジャー」と「セードキャッチャー」を販売している。
     二つの製品を併用して使用すると、倉庫に取り付けられているチェーン吊りタイプのランプ交換が簡単にできる。SP企画部の多田伸治氏は「高所作業車のリースや足場などを使わなくて済むので安全に電球の交換ができる。専門業者に頼んでいた作業費がかからず、ランニングコストの削減になる」と説明する。


    111303.jpg
     ランプチェンジャーは、電球を安全につかめるように特殊な技術を施し、回して外す時も滑らないように先端部分の内側にゴムが付いている。セードキャッチャーは、先端部分に取り付けている糸を引っ張ることで大きく開き、チェーン吊りタイプの照明カバーをしっかりと挟み固定できる。また、高い場所の交換をスムーズに行えるように、セードキャッチャーの先の溝にランプチェンジャーのポールをはめ込めば電球を簡単につかめる機能も付いている。
     セードキャッチャーは、重さ5kg、高さ1.9mから8mまで対応可能なほか、ランプチェンジャー先端の「キャッチヘッド」も14種類を設けている。多田氏は「様々な電球の形に対応できるようにヘッド部分の交換もできる構造」と話す。
     さらに、交換作業中に万一、電気をつけても感電しないよう、ポール内部には絶縁体を採用したほか、先端のキャッチ部分が外れても落下を防止する専用のワイヤーが付いている。
     ポールの長さやヘッドの形で価格は変わるが、約13万円で一式そろえることができる。多田氏は「安全と作業効率を考えて開発した。コスト削減と会社の事故防止に役立てていただきたい」と話す。
    ◎関連リンク→ ジェフコム株式会社

     

    Warning: file_get_contents(https://graph.facebook.com/v2.7/?id=https%3A%2F%2Fweekly-net.co.jp%2Flogistics%2F16465%2F&access_token=1717908261793858|L_psnS3KzzYizptWAutP4ZfvbbY): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/weeklynet/weekly-net.co.jp/public_html/wp/wp-content/themes/weekly/tmp_sns.php on line 18
     
     
     
  •  
  •  
  • 「製品・IT」の 月別一覧

     
  • 製品・IT」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら